2017年3月26日日曜日

銀行の収益は個人への貸金業

銀行がどうしても知られたくない「カードローン」の大問題 「悪しき工夫」をいつまで続けるのか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/512952017.03.25 山崎 元 経済評論家 現代ビジネス

■銀行は総量規制の枠外
銀行のカードローン・ビジネスの拡大が問題になっている。
一方、銀行業界はこの問題をまだ世間に取り上げられたくないと思っているようだ。金融業界の専門誌『週刊金融財政事情』(3月20日号)最新号が「急浮上する銀行カードローン問題」という特集を組んでいる。
この中の解説記事に、「法改正を含めた永田町の動向は業界関係者にとって引き続き無視できないリスクとなっている」との記述がある。
しかし、筆者の元にも他メディアから同じ問題意識の取材が複数ある。銀行のカード・ローン問題はすでに広く社会的なレベルに拡大しているように見える。国民から見ると、「永田町のセンセイ達が適切に動いてくれないことの方がリスクだ」という状況なのではないか。
個人向けの無担保ローンは、いわゆる消費者金融業者の貸出と取立てが社会問題化したことを受けて、2006年に貸金業法が改正されて、総額で借手の年収の3分の1を貸出額の上限とすべしという「総量規制」が設けられた。
当時は10兆円を超えていた消費者金融会社の貸付金額はその後急減し、昨年3月末現在で総額4兆円を割り込んでいる。他方で、銀行の個人向けカードローンは増加しつつあり昨年3月末には5兆1千億円を超えている。
すなわち、個人ローン市場にあっては、消費者金融会社と銀行の立場はすでに逆転しており、銀行が主役なのだ。
ところが、もともと貸金業法の改正時に銀行の個人向け無担保ローンは、借手の年収の3分の1を上限とする総量規制の対象外とされており、現在では、銀行と貸金業者の借り入れを合わせて年収の3分の1を超えるケースが増えてきた。
なぜ銀行が総量規制の適用から除外されたのかは、今となっては不可解に思われるが、『週刊金融財政事情』の記事には、「過剰な信用収縮が発生しないよう、“金融経路”を残しておく必要性や、銀行は独自に審査を行うはずという信頼が背景にあった」との記述がある。
いわば「抜け穴」を意図的に残したような経緯があったのかもしれない。しかし、それ自体があきれた理由の抜け穴と思えるが、その批判を脇に置くとしても、「消費者金融+銀行の個人向けカードローン」の残高は近年増加に転じており既に信用収縮など心配する段階ではない。
また、銀行は個人向けローンにノンバンク(系列である場合もそうでない場合もある)の保証を付けていることを見ても、独自の審査など機能しているようには見えないし、独自に審査しているとしても、それは、顧客のためではなく、第一義的には自行の収益のためだろう。
貸し金業法改正から10年が経った。「抜け穴」を塞ぐべき時期だろう。
また、銀行は、簡単な手続きで借り入れが出来て利用が容易であることを、TV、新聞、雑誌などのメディアの広告を使って消費者にアピールしている。
借金をする側から見て、銀行の方が消費者金融会社よりも「怖くない」というイメージもあるし、銀行の方が、経営規模が大きいこともあって、カードローンのビジネスは伸びている。
要は、銀行は自らが営業窓口になることによって消費者金融ビジネスに乗り出し、実質的に消費者金融会社の顧客獲得窓口を務めるとともに、貸金業法が定めた「総量規制」を骨抜きにする役割を果たしているのだ。
記事によると、銀行のカードローンの上限は高くなっており、1000万円〜1200万円程度に設定されている商品も少なくなく、また、金利も1%台から14%台まで多様であるという。今や、銀行自体が消費者金融業者と変わらない。それなのに、銀行には貸金業法の規制が及んでいないのだ。
貸金業法が定める年収の3分の1の「総量規制」は、第一義的には借手である消費者を保護することに意味があるはずだ。どこから、借りるにしても、過大な金額の借金が借手にとって負担であることに変わりはないのだから、貸金業法を改正して銀行の個人向けローンも総量規制の枠内に含めるべきだろう。
付け加えると、そもそも個人向けのローンであり、借手・消費者の保護に留意しなければならないのだから、銀行の個人ローンビジネスは、総量規制が適用されるだけでなく、広告・宣伝や情報の提供などに関しても、消費者金融会社と同等あるいはそれ以上(顧客は銀行を信用しているので「それ以上」にも根拠がある)の規制の対象でなければならないだろう。
■金融庁の対応が鈍い
銀行のカードローンを総量規制の対象に含めることは当然だと筆者は思うのだが(読者もそう思いませんか?)、「必ずしもそうでなくてもいい」という理屈を考えたがっている人々がいる。
ノンバンクの保証付きのカードローンで当面気楽に収益を拡大出来る銀行業界がそう思っていても不思議ではないが、解せないし、些か情けないのは、銀行を監督する金融庁もそう思っているらしいことだ。
先の『週刊金融財政事情』に金融庁の監督局長のポストにある遠藤俊英氏へのインタビューが載っている。
この中で遠藤氏は、「すでに監督方針に『適正な業務運営を』という記載があるため、各行が銀行カードローンのあり方を考え、工夫しながら業務を展開することが現時点における筋ではないか。そうした取り組みを横において、法令や監督指針を改正することは考えていない」と述べている。
銀行業界が「悪しき工夫」に走って、総量規制の趣旨を骨抜きにしながらカードローン・ビジネスを拡大しつつあるのが現状なのに、当面様子を見て次の「工夫」を待つらしい。
こうして、監督官庁が、個々の銀行の経営判断や銀行業界の自主ルールの動向に期待するような顔をしていてくれるなら、その間、銀行業界はカードローン・ビジネスを拡大できる。
つまり、金融庁は、銀行業界の時間稼ぎに協力している。
遠藤氏は、「『銀行業界として最低限こうしましょう』というルールを策定したほうがいいのであればそれもよし、『そうしたルールは必要ない。自行の哲学に基づいてやっていく』という話になればそれもよし。そこは、銀行の自主的な判断に委ねられる話だ」とも語る。
銀行に「哲学」の存在を見るとは驚嘆すべき想像力だが、監督局長様は何とも寛大な態度で銀行業界を見ている。
インタビューを読むと、遠藤氏が、銀行ないし銀行業界に対応を任せてもいいと考える根拠は、どうやら、銀行が独自に審査をするなら、銀行には他の貸金業者よりも借手の状況や社会への影響を判断する高度な能力があるから、貸金業法の総量規制の対象外でいいのではないかという論理的な可能性に求めているように見える。
しかし、そもそも銀行自身がノンバンクにローンの保証を求めているビジネス・モデルなのだから、この可能性には全くリアリティがない。
そして、仮に、銀行が独自に何らかの審査・判断を行うとしても、それは、借手のためではなく、自行の収益とリスクのバランスを最適化するためであろう(そうでなければ株主は怒ってよい)。銀行の判断ごときに、消費者の保護を任せるのは全く危険である。
また、遠藤氏は「もちろん、銀行が貸金業法の趣旨を逸脱する目的でカードローンを推進しているのであれば言語道断だが、そうしたことはないはずだと考えている」とも述べており、銀行業界に全幅の信頼を寄せておられる様子だ。
確かに、銀行の主目的は「収益」であって、貸金業法と闘うことにはないだろうが、問題なのは、借手である消費者の保護であり、現実に業法の趣旨を逸脱する事例が現れているのだから、氏の業界への信頼表明は、論点をそらしているにすぎない。顧客である消費者を見よ。
金融庁は、近年、運用商品の販売に関して、消費者保護の方向に大きく舵を切ったが、銀行のカードローン・ビジネスに関しては、半ば意図的ではないのかと疑わしくなるほど動きが鈍い。
これは、どうしたことなのだろうか。当面の銀行の収益にとって、それだけ重要なのかも知れない。
特集の別の記事である識者が述べているように、借手である消費者は、金利が下がると返済がより捗るような合理性と節度のある経済人ではない。むしろ、下がった金利に合わせて借入額が拡大していくような、判断力と計画性に乏しい意志の弱い(≒合理的に行動することが苦手な)人々なのだ。
消費者金融会社のCMには、取って付けたように「ご利用は計画的に」という言葉が付け加えられる。これを聞くたびに「そもそも、計画性が無いから借金をしているのでしょうに」とツッコミを入れたくなるのだが、それが概ね現実だ。
対策は急を要する。日銀の金融政策の影響もあって貸出金利が下がり、伝統的な法人向け融資が儲からなくなっている現在、銀行業界は、「金持ちからは運用商品の手数料を取り、貧乏人からは金利を取る」ビジネス・モデルを強化するインセンティブに満ちている。
銀行はより多くの収益を稼ぐことを目指さなければならない存在なのだから、彼らの自主性に、消費者保護を委ねるのは間違っている。
この問題を放置しておくと、銀行のカードローンの残高はますます拡大していくだろうし、その過程で過大な債務を負う個人が増えていくだろう。


 銀行って何のためにあるのか?

 国民が預金をして集めたお金を信用創造で何倍もの金額にして、企業などに投資し産業を育成、国を豊かにする。
 本来の銀行家って、こんなイメージですかね。
 それがリーマンショック以降、馬鹿な土地ころがしをしていた融資部門がコケて、銀行の再編のあげく、国債や日本銀行の当座預金ばかりにお金を積み上げて、マイナス金利でさらに収益が悪化と悪循環の銀行。
 収益を上げるのに、個人のカードローンを増やしているようです。
 日本ほど簡単にクレジットカードを発行してくれる国は無いのではと思えるくらい、カードの申し込みが氾濫しています。
 私も、年会費のかからないカードが何枚あるのか?ざっと数えて十枚以上あります。
 メインで使っているのは楽天カードですが、カード使うだけで数十%割り引着できる場合や車検とかCDレンタルとかでポイントが高いものや通販専用で送料がタダになるとかで使い分けしています。
 しかし、たまにカード申し込み時にデフォルトでリボ払いになっていたりして、お金貸そうとしてますね。
 カード引き落としの前に、メールでリボ払い変更の案内とか・・・お金貸したくて仕方がないようです。
 お得なので、カード作っているのに利息で損してどうする!
 カード作っても銀行の収益にならないよう注意しましょう。


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
入水温度   10℃
温水器     49℃ 温度差39℃

太陽光発電
発電量21.7KW ピーク4.82KW

3月25日(土)
曇り
最高気温(℃)[前日差]14℃[+1]最低気温(℃)[前日差]3℃[-4]
降水確率(%)   0    0       0  20
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

2017年3月25日土曜日

日産のEVコンセプトカーこれなら欲しい



 日産には限りませんが、コンセプトカーは面白いです。
 EVですが、これくらい先進的なら欲しいですね。
 自分が運転できるうちに売り出されるか?いや運転する必要が無いですが免許要りますよね。


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
 入水温度   10℃
 温水器     49℃ 温度差39℃

 太陽光発電
 発電量29.9KW ピーク5.07KW

3月24日(金)
晴れ
最高気温(℃)[前日差] 13℃[-3]最低気温(℃)[前日差] 6℃[+1]
降水確率(%)   0    0       0    0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

2017年3月24日金曜日

車のカタログ燃費表示を変更

自動車燃費、新表示に 市街地・郊外・高速それぞれ数値
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000105-asahi-bus_all
朝日新聞デジタル 3/22(水) 21:00配信

 国土交通省は22日、燃費の新しい表示案を公表した。これまでは「平均値」だけだったが、「市街地」「郊外」「高速道路」の三つの走行条件ごとに数値を示す。現行よりも実態に近い表示になりそうだ。6月から導入の予定。
 現在のカタログ燃費は2007年に導入された「JC08モード」という日本独自の方法で測定されているが、実態とのずれの大きさが課題だった。
 新表示は「WLTC」と呼ばれる国際的な測定方法を採用。「市街地」「郊外」「高速道路」をそれぞれ走る場合を想定し、信号待ちや渋滞を考慮して燃費を測定し、表示する。消費者は自分の使い方に合わせた比較をしやすくなりそうだ。

 車を買う場合、燃費は気になる所ですが、カタログに書いてあるのはエアコン動かさず、測定スペシャリストが運転した場合の数字です。
 WLTPだったと思うのですがニュースではWLTCになっていますね、Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedureの頭文字で、日本では「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法」
 プリウス等のハイブリッドカーはカタログ燃費との剥離が大きいと一般では言われていますが、普通の車から乗り替えて同じように運転しても普通の車と比較すればかなり燃費が良くなります。
 しかし、カタログ燃費の数字が1Lあたり30数キロから40キロなんて普通は出ませんね。
 気温とか一回当たりの走行距離がけっこうあるとか条件が揃えばJC08超える自信はあります。
 まあ、今の車のタイヤは転がり抵抗AAAで空気圧は前輪2.8K・後輪2.6Kとかにしていますので、ちょっと有利かな。
 カタログ燃費なんて、同じ条件で走ったらの差でしかなく、実際の燃費なんて走行条件と燃費運転技術で大きく変わります。
 とくにハイブリッドは車まかせでも燃費が出るようになっていますけど、ハイブリッド特化の運転するだけで大きく燃費が良くなりますので、カタログ燃費の表示が変わっても一般のドライバーからしたら、差は大きいでしょう。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
 入水温度   10℃
 温水器     37℃ 温度差27℃

 太陽光発電
 発電量20.9KW ピーク4.56KW

3月23日(木)
曇後晴
最高気温(℃)[前日差] 15℃[+1]最低気温(℃)[前日差] 15℃[+1]
降水確率(%)   0    0       0    0
   
03/24
6:45 ニュージーランド 2月貿易収支 
8:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
8:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)
14:00 日本 1月景気一致指数(CI)・改定値 
14:00 日本 1月景気先行指数(CI)・改定値
16:45 フランス 10-12月期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:00 フランス 3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:00 フランス 3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 ドイツ 3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 ドイツ 3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
18:00 ユーロ 3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
18:00 ユーロ 3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
19:30 ロシア ロシア中銀政策金利 
21:30 米国 2月耐久財受注(前月比)
21:30 米国 2月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比)
21:30 カナダ 2月消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 カナダ 2月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

2017年3月23日木曜日

オバマケア廃止の目途がたたず円高株安

 FXを見ていて、夜中に円高ドル安が進みました。

 昨日のニューヨーク株式市場は、下院共和党指導部が今週法案通過を目指しているオバマケアを廃止する代替法案の可決目処がたたないのを見て、大幅下落。
 ダウは237.85ポイント(1.14%)、S&Pは29.45ポイント(1.24%)下落。
 トランプ大統領はこの法案を可決しないと、現時点では可決の見通しははっきりしないと市場は判断し、売り圧力が高まった。
 オバマケアを廃止する法案が可決できないとすると、トランプ大統領の公約で期待していた大型企業減税やインフラ投資政策についても、成立見通しに陰りが出る。
 ニューヨーク株価はトランプ政策による企業業績の拡大を織り込んできただけに、ここでとん挫すると反動が大きいとみている。
 ついでに為替市場での連銀の金利引き上げが思ったより多くないと見てドル安方向に動き111円台まで円高ドル安。
 今日の日経はそれを受けた大幅下落です。
 共和党がトランプ大統領に協力してオバマケアを廃止する代替法案を可決できるかどうかが今週の目玉ですね。
 これが出来ないようではトランプ大統領の政策遂行能力を疑問視することになり、しっかり見ていく必要があります。
 オバマケアの撤廃により米国の医療保険制度全体が大混乱に陥ることにもなりますので、注視しています。


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
 入水温度   10℃
 温水器     49℃ 温度差39℃

 太陽光発電
 発電量30.0KW ピーク4.34KW

3月22日(水)
晴れ
最高気温(℃)[前日差] 14℃[+3]最低気温(℃)[前日差] 4℃[-4]
降水確率(%)   0    0       0    0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
03/23
5:00 ニュージーランド ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
14:00 シンガーポール 2月消費者物価指数(CPI)(前年比)
16:00 ドイツ 4月GFK消費者信頼感調査
16:45 フランス 3月企業景況感指数 
18:00 ユーロ 欧州中央銀行(ECB)月報 
18:30 イギリス 2月小売売上高指数(前月比)
21:00 米国 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
21:30 米国 前週分新規失業保険申請件数
23:00 米国 2月新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 米国 2月新築住宅販売件数(前月比)
24:00 ユーロ 3月消費者信頼感(速報値)

2017年3月22日水曜日

ガス自由化プランも安くならない

都市ガス自由化 切り替えで月1000円の節約も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00000004-pseven-life
女性セブン2017年3月30日・4月6日号

 この4月から都市ガスが自由化。都市ガスの小売業者を消費者が選択できるようになるわけであり、ガス代の節約にも繋がりそうだ。
 昨年4月の電力自由化によって電気代が下がった家庭も多いのでは…と思いきや、「実際に切り替えた家庭はわずか4~5%程度」と、電力比較会社エネチェンジの木村愼作さんは言う。電力の小売り事業者を変えることで電気代が安くなるとわかっていても、切り替える家庭が少ないのは、認知度の低さにある。
「弊社の調べによると、電力全面の自由化について、細かい内容まで知っている人は4割程度。安くなるとわかっていても、手続きが面倒だったり、保安面での不安があるようです」(東京ガス・小屋かをりさん)
 しかし、このまま切り替えを検討しなければ、小さな“損”が積み重なり、結果的に家計に影響する可能性が。
「切り替えによる節約は、会社やプラン、ライフスタイルによりますが、標準的なご家庭で月々1000円程度。とはいえ、光熱費は日々何十年も払い続けるもの。切り替えなければ、10年で12万円近く損することに。手続きが面倒といわれますが、切り替えはwebや電話一本で済みます」(小屋さん)
 手続きの手間と節約。天秤にかけたら、どちらが得か一目瞭然だ。ガスと電気は、セットで切り替えるとさらに割引率が上がるケースもある。この機会に光熱費を見直してみてはどうだろう。



 ガス自由化が4月から始まります。
 これもインターネットサイトで比較できるので、早速シミレーション!

価格.com 電気・ガス料金
いよいよガス自由化!お得なプランをシミュレーション
http://kakaku.com/gas/

今の契約。
東邦ガス 公式情報
あったかトクトク料金 エコジョーズプラン
東邦ガス
1年間の節約額 加入条件 契約解除料
0円節約
(実質負担額2,836円/月平均)

お得プラン??
東邦ガス 公式情報
がすてきトクトク料金
東邦ガス
1年間の節約額 加入条件 契約解除料
4,585円割高

(実質負担額3,218円/月平均)

 実質値上げになります、なんで?
 どうも、ガス使用量が少なすぎるのが原因です。
 太陽熱温水器がいい仕事しているようです。
 家の暖房はガスファンヒーターとエアコンですが、電気は5.6KWの太陽光パネルが稼働中なので省エネ生活になっています。
 電気とガスを統合しても、全く安くならずに年間5万円ほど値上がりしてしまいます。
 もう契約できない、タイムプランの電気料金と太陽光発電、太陽熱温水器を使っている場合は新しいキャンペーンは全て高くなると言うことになりました。


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
 入水温度   10℃
 温水器     18℃ 温度差8℃

 太陽光発電
 発電量4.9KW ピーク1.39KW

3月21日(火)
雨後曇
最高気温(℃)[前日差] 11℃[-7]最低気温(℃)[前日差] 8℃[+2]
降水確率(%)   70    90       50    20
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
   
03/22
8:50 日本 2月貿易統計(通関ベース)
8:50 日本 日銀・金融政策決定会合議事要旨 
13:30 日本 1月全産業活動指数(前月比)
18:00 ユーロ 1月経常収支 
20:00 米国 MBA住宅ローン申請指数(前週比)
22:00 米国 1月住宅価格指数(前月比)
23:00 米国 2月中古住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 米国 2月中古住宅販売件数(前月比)

2017年3月21日火曜日

自転車はどこを走るべきか

環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう
https://carview.yahoo.co.jp/article/column/20170303-20103129-carview/
スキマがないところに無理やり



最近、またまた増えつつある自転車専用レーン。露骨に自転車が増えてるようだし、事故を含めて社会問題化してるからでしょうけど、なんだかねぇ…ってものも多いです。というかいま東京都には東京オリンピック2020までに自転車が走行“しやすい”空間を約400km確保するという目標があるようで、考えてみるとこの“しやすい”がキモですな。
例えば、小沢もよく通る都内の環七通り。気付いたら自転車マークやら矢印やらが道路に付いてますけど、ズバリかなーり無理やり。もともと道が太くて余裕があった車道に自転車専用レーンが出来るならいいんですけど、かなりの部分、スキマがないところに無理やり「ここ走ったら?」程度に付いているだけなんで、走りづらいこと走りづらいこと。
見てると路線バスが被ってるところもあるし、俊敏なスポーツサイクルならいざ知らず、ここを前後に子供を乗せたママチャリが走ったらどうなるんでしょうか? 正直、歩道を走った方がよっぽど安全で、実際に環七のこの場所で走ってる人はほぼ皆無。みんな歩道を走ってます。
自転車専用道路を本気で考えるべき
そもそもこれらはほとんど自転車「専用」じゃなく「優先」に過ぎないし、あくまでも「推奨」に過ぎないわけです。つまり大部分が法的拘束力なし! 標語みたいなもんです。「一日一善」とか「注意一秒怪我一生」とか。もちろんないより、あった方がマシ! ってことでしょうけど。
でもね。本当はもう自転車専用道路を本気で考えなければいけないところに来てると思うんです。理想的には道を拡幅することですけど、週末だけでも一部道路の外側を自転車専用、つまり自動車は走っちゃいけないようにするとか、都内の細い道を一部自転車専用にするとか。
それともっと本気で自転車の逆走を取り締まる。実際、近所じゃ交番前の一方通行の車道を、自転車が堂々逆走してますからね。しかしこの手の根本的解決、日本は苦手としてますな。付け焼き刃ばっか!



 東京はオリンピックに向けて、先進国アピール画策中のようです。
 自転車が乗りやすいかどうかは、自転車道の整備にかかっていると思います。
 先進国でも都市によって対応が全然ちがいます。
 アムステルダムなんかは、自転車道先進国の都市らしく充実していますが、パリなんてレンタル自転車カッコいいのに、どこ走れば安全?と言うくらい危ない。
 そう言えばタイランドのバンコクも自転車道ありました。
 ウイークエンドマーケットの周りにあった自転車道です。
東京よりまとも!

 私も自転車愛用派なので、毎日のように自転車乗っています。
 走行は車道をメインに、危なそうなところは歩道も走りますけど、これって私の年齢ですと交通違反?調べてみると。
歩道を通行できる条件について
自転車は車両であるため、歩道が設けられた道路においては、基本的に車道を通らなければならない。
ただし、次のいずれかに該当する場合には、歩道を通行することもできる。

・「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
・運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
・安全のためやむを得ない場合

 これって「安全にためにやむをえない場合」ってどう判断するの?おまわりさんに文句言われたら、「安全にためにやむをえないので走っています」と言えばよい?
 歩道を走る場合は、歩行者優先で徐行ですね、なるべく車道を走りますが、交差点など路肩が狭くなっていて、自動車が、あからさま嫌がるのが判ります。
 日本は、自転車については後進国です。
 エコでCO2は呼吸だけ(笑)、環境には良い移動手段です。

 記事の中で一方通行を逆走する自転車ってありましたが、生活道路は道路標識こう言う物です。

 自転車は軽車両(自転車・リアカー・馬車)、いまだに馬車があるのは笑ってしまますけど、逆走は道路の左側を走ればOKですよね。
 標識に従って走っていると、あからさまに幅寄せしてきて、にらむおじさん居ますけど、道路交通法知っているのか?と言いたい時もあります。
 自転車は車両ですので、歩行者にはくれぐれも気を付けて、保険付けて走りましょう。
 自転車の保険は県民共済の掛け捨て保険で、人身上限金額無制限と言う物に家族全員入っています。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
 入水温度   10℃
 温水器     44℃ 温度差34℃

 太陽光発電
 発電量23.8KW ピーク3.91KW

3月20日(月)
晴後曇
最高気温(℃)[前日差] 19℃[+1]最低気温(℃)[前日差] 6℃[+1]
降水確率(%)   0    0       10    20
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
   
03/21
9:30 オーストラリア 10-12月期四半期住宅価格指数(前年同期比)
9:30 オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
9:30 オーストラリア 10-12月期四半期住宅価格指数(前期比)
16:00 スイス 2月貿易収支
17:30 香港 2月消費者物価指数(CPI)(前年比)
18:30 イギリス 2月小売物価指数(RPI)(前月比)
18:30 イギリス 2月消費者物価指数(CPI)(前月比)
18:30 イギリス 2月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
18:30 イギリス 2月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年同月比)
18:30 イギリス 2月小売物価指数(RPI)(前年同月比)
21:30 カナダ 1月小売売上高(除自動車)(前月比)
21:30 カナダ 1月小売売上高(前月比)
21:30 米国 10-12月期四半期経常収支 

2017年3月20日月曜日

マイナンバーカード申請したのはe-taxの為

マイナンバー、個人向けサイトの運用また延期 目立つトラブル、態勢立て直し
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000001-fsi-bus_all
SankeiBiz 3/18(土) 8:15配信
 高市早苗総務相は17日、マイナンバーカードの活用推進のロードマップ(行程表)を発表した。行政手続きのオンライン申請ができる個人向けサイト「マイナポータル」の本格運用などを予定の7月から10月に遅らせる。同日明らかにされたカードの普及率は8.4%にとどまっており、利便性向上策を打ち出すとともに、普及促進に向けた態勢の立て直しを図る。
 遅らせるのはマイナポータルの本格運用と、役所で手続きする際、窓口に提出する書類の簡素化の開始時期。
 マイナポータルはもともと、1月の予定だったが一度延期されている。地方公共団体情報システム機構のシステム障害で交付が停滞するなど、マイナンバー制度にはトラブルや計画の遅れが目立つ。
 ただ、今回の延期は、高市氏の主導で、態勢を立て直そうとする意味合いが強い。
 マイナンバー制度は、総務省だけでなく、内閣府、内閣官房と多くの役所に関連し、縦割りの弊害が指摘されていた。2015年5月にマイナンバーカードを披露したのが甘利明経済再生担当相(当時)だったように、指導力を発揮できる状況になかった高市氏だが、昨年8月からマイナンバーの内閣府特命担当大臣を兼務したことで、普及に向けた課題を一元的に解決していく考えだ。
 マイナポータルに関しては、児童手当や保育園入所の申請が今秋からオンラインでできるようになるが、パソコンでのアクセスではカードを読み取る機器が必要になり、利用者は限定的になる見通しだった。一部のスマートフォンのアプリで使用できるようになるのは当初、18年3月末の予定だったが、高市氏が前倒し。これに合わせて本格運用を遅らせた。
 カードの交付枚数は今月8日時点で1071万枚と、人口の1割にも満たない。高市氏は17日の閣議後会見で、「まだまだ不十分。国民に利便性を感じてもらえるように関係省庁で取り組む」と強調した

 マイナンバーのポータルサイトが運用延期です。
 しかし、それを待っている人はほとんど居ないと思います。
 私はマイナンバーカードを即申請しましたが、確定申告で必要だったからです。
 住基ネットカードの個人認証が3年で切れるタイミングがマイナンバーカード発行の前年でしたので、ここで500円かけて申請しても無駄になるだけでした、大急ぎで申請しました。
 ついでなので、家族全員のカードを申請してだけで、私以外の家族はカードは手元にありますが、全く役に立てていません。
 今発行されているマイナンバーカードって確定申告をe-taxでやりたい人がほとんどではないでしょうか。
 カード読み取り機を凝ったものにしたり、やりたいことを盛り込みすぎると、どんどん使いにくくなり、セキュリティーも低下しますので、さらに普及が遅れるでしょう。
 設備やシステムにお金ばかりかかって使えなかった、住基ネットカードと同じ末路にならないと良いのですが。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 
 入水温度   10℃
 温水器     43℃ 温度差33℃

 太陽光発電
 発電量24.5KW ピーク3.97KW

3月19日(日)
晴れ
最高気温(℃)[前日差] 18℃[+2]最低気温(℃)[前日差] 5℃[+2]
最高気温(℃)[前日差] 13℃[0]最低気温(℃)[前日差] 2℃[-1]
降水確率(%)   0    0       0    0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

03/20
9:01 イギリス 3月ライトムーブ住宅価格(前月比)
16:00 ドイツ 2月生産者物価指数(PPI)(前月比)
21:30 カナダ 1月卸売売上高(前月比)
22:00 ロシア 2月失業率