2019年2月22日金曜日

ドイツ車の競争力が高いわけ

トランプ氏、EUと合意なければ自動車に関税 
トランプ政権 自動車・機械 ヨーロッパ 北米
2019/2/21 6:21
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41540220R20C19A2000000/
一部引用:
【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は20日、欧州連合(EU)と貿易交渉で合意できなければ、自動車に関税を課すと改めて脅しをかけた。米政権は農産品の市場開放などでEUから譲歩を引き出したい考えだ。協議中は自動車関税を棚上げする方針を示しているが、今後も関税を「脅し」の材料に使って圧力を強めそうだ。
訪米したオーストリアのクルツ首相とホワイトハウスで会談した際に記者団に語った。トランプ氏は同国を含むEUとの貿易交渉に関し「我々はEUと合意しようとしているが、非常に大変だ。もし合意できなければ(自動車に)関税を課すつもりだ」と述べた。
:引用ここまで

 欧州でお金を稼いでいるのは自動車産業です。
 稼ぎ頭がドイツで、世界で売れまくっています。
 理由は「値段が安い」なんですね。
 日本がアメリカに車を輸出する場合、円安になればなるほど利益が出ますので、販売価格を安くできます。
 しかし、黒字が出れば出るほど貿易戦争が勃発して円高に誘導されてきました。
 ドイツの場合は儲か出ても、ユーロ高になりません。
 欧州全体で赤字の国が多いのでユーロ安が加速して、ドイツが稼いでもチャラになっているからです。
 まあ、儲かったドイツは赤字の国にお金を出さないといけないのですが、政治力で出し渋っているので、文句が出るのです。
 極端な話ですが、金よこせと言っている借金大国は、公務員増やして遊んでいるような体質ですので、ドイツ国民はなんでそんな国にお金出さないといけないのか?と政府に文句を言いますけどね。
 まあ、欧州がぎくしゃくしているのは、移民問題よりお金の問題だと個人的には思っています。
 車を海外に売りまくっても請けても、通貨高にならないドイツ車は競争力高いのです。
 それに胡坐をかいて、次世代電動化に投資してこなかったので焦っている状況。
 ユーロ安でも食料はEU内調達なので困りませんが、電池や高性能半導体(インバーター)はアジアから輸入しないといけません。
 

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   5℃
 温水器      44℃ 温度差39℃

 太陽光発電
 発電量22.3KW ピーク3.80KW

2月21日(木)
晴れ
最高気温(℃)[前日差] 12℃[-5]最低気温(℃)[前日差] 5℃[-4]
降水確率(%)  0    0      0   0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
   
02/22
8:30 日本 1月全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
8:30 日本 1月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
8:30 日本 1月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く)(前年同月比)
16:00 ドイツ 10-12月期国内総生産(GDP、改定値)(前期比)
16:00 ドイツ 10-12月期国内総生産(GDP、改定値)(前年同期比)
16:00 ドイツ 10-12月期国内総生産(GDP、改定値、季調前)(前年同期比)
16:30 スイス 10-12月期四半期鉱工業生産 (前年同期比)
17:30 香港 1月消費者物価指数(CPI)(前年比)
18:00 ドイツ 2月IFO企業景況感指数 
19:00 ユーロ 1月消費者物価指数(HICPコア指数、改定値)(前年同月比)
19:00 ユーロ 1月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
22:30 カナダ 12月小売売上高(前月比)
22:30 カナダ 12月小売売上高(除自動車)(前月比)

2019年2月21日木曜日

日本は中国を通してアメリカへの輸出が多い

対中輸出1月は17%減 米中摩擦で中国減速
2019年2月20日 11:36
     https://r.nikkei.com/article/DGXMZO41495580Q9A220C1MM0000?n_cid=TPRN0003&s=0
一部引用:
財務省が20日発表した2019年1月の貿易統計速報(通関ベース)によると、中国向けの輸出が前年同月比17.4%減の9581億円と大きく落ち込んだ。減少は2カ月連続。米中貿易戦争や中国経済の減速の影響が広がり、減少幅は前の月の7.0%減から一段と拡大した。全体の輸出額も8.4%減となり、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆4152億円の赤字だった。

全体の輸出が減少したのは2カ月連続。輸入は0.6%減で10カ月ぶりに減少に転じた。貿易収支が赤字となるのは4カ月連続で、赤字幅は市場予想(1兆109億円の赤字)より大きかった。

中国向け輸出ではコネクタといった電気回路などの機器が約39%、半導体製造装置が約25%、それぞれ大幅に減少した。
:引用ここまで


 アメリカと中国の貿易戦争の飛び火が日本に降りかかってきています。
 日本からアメリカへの直接の輸出より、素材や部品などを中国に輸出して製品化、それがアメリカに輸出と言う、風が吹くと桶屋が儲かるパターンです。
 リーマンショックの時に、財務大臣が「対岸の火事」なんて馬鹿なコメントを出した、おバカ政治の日本なので政府としては何もする気が無いのではと思います。
 日本は貿易赤字でも国際収支が黒字なので問題ないと言う政府筋の発言がありますが、外貨建て金融試算の投資を行っているのは政府なんですよね。
 貿易赤字が拡大すると、民間企業が儲かっていないことになり、従業員の給与が下がってさらに景気が悪くなります。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   5℃
 温水器      35℃ 温度差30℃

 太陽光発電
 発電量12.6KW ピーク4.90KW

2月20日(水)
曇りのち晴れ
最高気温(℃)[前日差] 17℃[+7]最低気温(℃)[前日差] 8℃[+2]
降水確率(%)  40    10      0   10
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
02/21
8:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
8:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)
9:30 オーストラリア 1月新規雇用者数 
9:30 オーストラリア 1月失業率 
13:30 日本 12月全産業活動指数(前月比)
16:00 ドイツ 1月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)
16:00 ドイツ 1月消費者物価指数(CPI、改定値)(前年同月比)
16:45 フランス 2月企業景況感指数
16:45 フランス 1月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)
16:45 フランス 1月消費者物価指数(CPI、改定値)(前年同月比)
17:15 フランス 2月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 
17:15 フランス 2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 ドイツ 2月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 ドイツ 2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
18:00 ユーロ 2月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 
18:00 ユーロ 2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
22:30 カナダ 12月卸売売上高(前月比)
22:30 米国 前週分新規失業保険申請件数
22:30 米国 前週分失業保険継続受給者数 
22:30 米国 2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 
23:45 米国 2月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 
23:45 米国 2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
23:45 米国 2月総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
24:00 米国 1月景気先行指標総合指数(前月比)
24:00 米国 1月中古住宅販売件数(年率換算件数)
24:00 米国 1月中古住宅販売件数(前月比)

2019年2月20日水曜日

欧州発の直噴ターボエンジン、大気汚染(PM)悪化の原因

国交省、ガソリン直噴車にPM排出量規制を導入。ディーゼル車のPM排出量を上まわることが調査結果で判明
編集部:椿山和雄2019年2月15日 23:27
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1170074.html
 国土交通省は2月15日、ガソリン直噴車に対してディーゼル車などと同水準のPM排出量規制を導入すると発表。今回の規制導入は、すでにPM(PM2.5など大気中に浮遊する粒子状物質)排出量規制が導入されているディーゼル車と比較して、ガソリン直噴車のPM排出量が上まわっているとの調査結果が示されたことから。
 同省では、ガソリン直噴車へのPM排出量規制の導入にあわせて、2輪車の排出ガス規制強化など関係告示等を改正する。
 2輪車に対する規制では、排出される炭化水素(HC)や窒素酸化物(NOx)などについて、「WMTCモード」の走行時における排出ガス規制値を強化するとともに、アイドリング時に排出される一酸化炭素(CO)、燃料蒸発ガスに係る規制値を強化する。
 また、ガソリン車の駐車時における燃料蒸発ガス対策(4輪車)関係では、駐車時の燃料蒸発ガス対策として、国際基準との調和の観点から、駐車試験日数をこれまでの1日から2日に延長する。
 今回の改正は、新型車について2020年12月から、継続生産車については2022年11月(第一種原動機付自転車にあっては、2025年11月から)適用される。


 最近では国産車も採用するようになってきた「直噴ターボエンジン」ですが排ガスに含まれる煤PM悪化が問題になってきたようです。
 欧州では「ダウンサイジングたーびエンジン」で何年も前から採用されています。
 日本では三菱自動車が1990年から」10年間ぐらいGDIエンジンとして作られていました。
 GDIはガソリンエンジンなのに排ガスに黒煙が出ると不評で、2000年には生産中止となりました。
 欧州の車(ドイツが主ですが)は、CO2ビジネスの儲けを得ようとする割には、大気汚染など国民の健康には無頓着ですね。
 金儲けできればなんでも良いと言う思惑が透けて見えます。



MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度    5℃
 温水器      13℃ 温度差8℃

 太陽光発電
 発電量1.9KW ピーク0.88KW

2月19日(火)
曇時々雨
最高気温(℃)[前日差] 12℃[-2]最低気温(℃)[前日差] 6℃[+6]
降水確率(%)  40    80     80  80
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
02/20
6:45 ニュージーランド 10-12月期四半期卸売物価指数(PPI)(前期比)
8:50 日本 1月貿易統計(通関ベース、季調前)
8:50 日本 1月貿易統計(通関ベース、季調済)
16:00 ドイツ 1月生産者物価指数(PPI)(前月比)
17:00 南アフリカ 1月消費者物価指数(CPI)(前月比)
17:00 南アフリカ 1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
21:00 米国 MBA住宅ローン申請指数(前週比)
22:30 米国 1月住宅着工件数(年率換算件数)
22:30 米国 1月住宅着工件数(前月比)
22:30 米国 1月建設許可件数(年率換算件数)
22:30 米国 1月建設許可件数(前月比)
24:00 ユーロ 2月消費者信頼感(速報値)
28:00 米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

2019年2月19日火曜日

自動ブレーキ搭載義務化は死亡事故減らせる

2019年2月13日 / 08:03 / 5日前
日本など40カ国、自動ブレーキ搭載義務化へ 国際規制案で合意
https://jp.reuters.com/article/autos-aebs-idJPKCN1Q12SO

[ジュネーブ 12日 ロイター] - 国連欧州経済委員会(UNECE)は12日、日本を含む40カ国が車の衝突を回避する「AEBS(先進緊急ブレーキシステム」と呼ばれる自動ブレーキの新車搭載を2020年初めから義務化する規制案に合意したと発表した。
UNECEによると、規制案は新車の乗用車と小型商用車を対象としており、6月に採択する見通し。欧州連合(EU)は2022年から実施する方針を示した。時速60キロ以下の低速走行時に作動する自動ブレーキの標準搭載を課す厳格なルールを統一し、特に都市部などで死亡事故の防止に役立てる狙いがある。
日本とEUは従来よりAEBSの搭載を義務付ける方針を示しており、対象となる新車は日本が年間400万台程度、EUは約1500万台となる見通し。
UNECEの広報官、ジャン・ロドリゲス氏は「衝突を阻止するためにブレーキが作動する。走行はせず、停止する」と説明した。古い車種については搭載が義務化されることはないとした。


 実際にトヨタのセーフティーセンスP+の車を運転していると、効果あると思います。
 警告の誤動作はありますが、止まらないよりは良いです。
 まあ運転者が判ってっていて、車間を数十センチまで寄せようとするとブレーキがかかったり、警報が鳴りっぱなしになるのは仕方がないかとあきらめています。
 高性能の自動ブレーキは死亡事故減少に効果あるので、コストは問題でしょうが全ての車に搭載されると良いですね。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   5℃
 温水器      45℃ 温度差40℃

 太陽光発電
 発電量21.2KW ピーク3.63KW

2月18日(月)
晴時々曇
最高気温(℃)[前日差] 14℃[+3]最低気温(℃)[前日差] 0℃[-2]
降水確率(%)  0    0      0   0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
02/19
9:30 オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表 
17:30 スウェーデン 1月消費者物価指数(CPI)(前月比)
17:30 スウェーデン 1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
17:30 スウェーデン 1月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
17:30 スウェーデン 1月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
18:00 ユーロ 12月経常収支(季調済)
18:00 ユーロ 12月経常収支(季調前)
18:30 イギリス 1月失業保険申請件数 
18:30 イギリス 1月失業率 
18:30 イギリス 12月失業率(ILO方式) 
19:00 ユーロ 12月建設支出(前月比)
19:00 ユーロ 12月建設支出(前年同月比)
19:00 ドイツ 2月ZEW景況感調査(期待指数)
19:00 ユーロ 2月ZEW景況感調査
22:00 ロシア 1月失業率 
24:00 米国 2月NAHB住宅市場指数

2019年2月18日月曜日

健康のために縄跳をしよう


 健康のために自転車で移動ですが、2年ほど前に転倒骨折と怪我しました。
 色々調べてみますと、骨の密度を上げるのには自転車は不向きで、筋力や心肺機能は上がりますが、骨の強度は下がるらしいです。
 そこで、骨の健康をと縄跳び始めています。
 しかし、1000円ほどで買ったベアリング付き縄跳びは、毎日1000回ほど飛ぶと、結構早く切れてりまいました。
 縄跳びの縄は消耗品のようです。
 交換用にダイソーで大人用の縄跳び(100円)を買ってきて、縄の部分だけ交換出来ました。
 健康維持にお金がかかるのは仕方ないですね。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   5℃
 温水器      44℃ 温度差39℃

 太陽光発電
 発電量21.2KW ピーク3.62KW

2月17日(日)
晴れ晴れ 11℃[-1] 2℃[-2]
最高気温(℃)[前日差] 8℃[+4]最低気温(℃)[前日差] -2℃[-1]
降水確率(%)  0    0      0   0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
02/18
  米国 休場 
カナダ 休場
8:50 日本 12月機械受注(前月比)
8:50 日本 12月機械受注(前年同月比)
9:01 イギリス 2月ライトムーブ住宅価格(前月比)

2019年2月17日日曜日

地銀の衰退、ざなぎ景気越えって統計詐称?

地銀の8割超が減益や赤字 4~12月期、超低金利響く
2019年2月15日 17時54分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019021501001571.html
 東京証券取引所などに上場する地方銀行79社の2018年4~12月期決算が15日までに出そろった。超低金利による貸し出し利ざやの縮小に加え外債運用などの損失拡大が響き、純利益の合計は前年同期比16・0%減の6938億円となった。不正融資問題で巨額損失を計上したスルガ銀行(静岡県沼津市)など3社が赤字になり、全体の8割を超える65社が減益または赤字となった。
 19年3月期の通期予想は純利益合計が前期比9・5%減の8768億円で2年連続で1兆円を割り込む見通し。人口減少や高齢化で地方経済の疲弊が進み、大都市部との格差は拡大。地銀の収益悪化に歯止めがかからない。
(共同)


 地方の中小企業を支えているはずの地銀ですが、貸しはがし倒産ばかりやっている銀行は存在価値がない。
 日本の銀行マンからかかってくる電話は「外貨建て保険」のはなしばかり、銀行ダメですね。
 超低金利時代や金融庁の手数料開示への動き。
 今まで地銀が稼ぐにはサラリーマン大家等のハイリスクな貸出先に手を出してミスったところもあり、絶賛していた金融庁が手のひら返しの規制強化で万事休です。
 日本政府の借金が膨大すぎて、日銀も肩代わりしているので、大恐慌が起こるまで金利は上げられません。
 政府の統計では景気はずーと拡大しているそうですが、政府統計なんてもう誰も信用しません。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   5℃
 温水器      27℃ 温度差22℃

 太陽光発電
 発電量114.3KW ピーク4.67KW

2月16日(土)
晴時々曇
最高気温(℃)[前日差] 12℃[+5]最低気温(℃)[前日差] 4℃[+5]
降水確率(%)  0    0      0   0
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

2019年2月16日土曜日

トルコ旅行で買った絨毯が届きました




 1月に旅行に行ったトルコで買った絨毯が届きました。
 トルコからは日本の輸入業者にまとめて送られて、日本国内から宅急便です。
 送料無料です。
 トルコの絨毯はウールのヘレケが有名なのですが、お店に行ったときはそんなに関心が無く買う気はありませんでした。
 しかし、シルクの絨毯を見せてもらったら・・・うーん欲しい。
 中国に旅行に行った時もシルクの絨毯は気になっていましたが、値段が軽自動車並みなので「すごいね!」だけで終わって」いましたが、トルコで見せてもらったシルクの絨毯はトルコの通貨リラの大幅安も相まって、手の出る値段・・・
 だいぶ値切って、納得できる値段で買いました。
 シルクの絨毯は繊維が細いので製作期間がウールの絨毯の3倍以上かかりますので、高いのは判りますが普通の感覚では買えません。
 今回の旅行は、この絨毯だけでも元が取れたと思っています。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   5℃
 温水器      23℃ 温度差18℃

 太陽光発電
 発電量11.6KW ピーク4.74KW

2月15日(金)
曇り
最高気温(℃)[前日差] 7℃[-1] 最低気温(℃)[前日差]-1℃[-2]
降水確率(%)  0    0      0   10
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24