2019年12月7日土曜日

売れるのは軽自動車ばかり

タント 5年ぶりに首位奪還、N-BOX の快進撃止まる…新車販売総合
11月車名別2019年12月5日(木)15時00分
https://response.jp/article/2019/12/05/329495.html
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は12月5日、11月の車名別新車販売台数(速報)を発表。ダイハツ『タント』がホンダ『N-BOX』を抑え、2014年9月以来、5年2か月ぶりのトップとなった。
7月にフルモデルチェンジを行った新型タントは、打倒N-BOXの一番手と目されていたが、8月・9月の総合ランキングは2位、10月は4位と、N-BOXの後塵を拝してきた。しかし11月は前年同月比90%増の2万1096台と好調なセールスを記録し、26か月連続トップを続けていたN-BOXの快進撃を止めた。
タントの新車販売総合トップは2014年9月以来、5年2か月ぶり。また、軽自動車販売トップも2016年2月以来、3年9か月ぶりとなる。
2位転落のN-BOXは同3.5%減の1万8806台。タントとは2290台の差だった。3位はスズキ『スペーシア』で同8.5%増の1万2820台、4位は日産『デイズ』で同6.3%増の1万2137台。トップ4を軽自動車が独占した。
その他では、トヨタの新型SUV『ライズ』が7484台で8位にランクイン。兄弟車のダイハツ『ロッキー』は4294台で25位だった。
11月車名別新車販売台数ランキング
1位[4位]:ダイハツ・タント 2万1096台(90.0%増・2か月ぶり増)
2位[1位]:ホンダN-BOX 1万8806台(3.5%減・2か月連続減)
3位[2位]:スズキ・スペーシア 1万2820台(8.5%増・3か月連続増)
4位[5位]:日産デイズ 1万2137台(6.3%増・2か月ぶり増)

5位[3位]:トヨタ・カローラ 1万0705台(25.1%増・3か月連続増)
6位[6位]:トヨタ・シエンタ 1万0331台(2.8%増・2か月ぶり増)
7位[9位]:トヨタ・プリウス 8375台(4.4%減・2か月連続減)
8位[-]:トヨタ・ライズ 7484台
9位[8位]:トヨタ・ルーミー 7132台(0.9%増・7か月連続増)
10位[7位]:ダイハツ・ムーヴ 6775台(11.1%減・2か月連続減)
※[]内は前月順位、()内は前年同月比



 今や日本で売れる新車は60%が軽自動車です。
 保有台数でも50%に迫る状況となっています。
 
【軽自動車のメリット】
維持費が安い(保険・税金、高速道路など) 軽自動車の最大のメリットと言えるのが、維持費の安さ。
場所をとらない 場所をとらないということも軽自動車の大きなメリット。 .
燃費が比較的良い(ハイブリッドは別)
小回りがきく、運転しやすい 

手続きが簡単ですぐに乗り始めることができる

と、メリットが多い。
 デメリットは規格上狭いと言われてきましたが、上位の3位までの車は、箱型ワゴンで試乗車に乗って見ますと左右は狭いですが上方向や前後席の広さは中型車をしのぎます。
 問題にするなら衝突安全性が普通車より劣ることでしょうか。
 
 日本でアメ車が売れないのは、軽自動車規格が貿易障壁になっているなんて、ずいぶん前にトランプ大統領が言っていました。
 こに売れ行きを見ると、言われてもしょうがないと思えてしまいます。
 今の軽自動車は我慢しなくても快適に乗れるような車になりましたので選択されるのですが、そろそろ普通車との是金などのメリットは見直すところに来ていそうです。
 国民としては軽自動車の経費を上げるのではなく普通車の方を下げてほしい物です。


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度    15℃
 温水器      24℃ 温度差9℃

 太陽光発電
 発電量8.7KW ピーク3.56KW

12月6日(金)
晴時々曇
最高気温(℃)[前日差] 11℃[+1]最低気温(℃)[前日差] 5℃[+1]
降水確率(%)  0    0     0  10
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

2019年12月6日金曜日

日産の凋落はハードをケチったから

日産の業績悪化、ゴーン放逐は正しかったのか?優秀な経営者を放逐せざるを得ない日本
https://biz-journal.jp/2019/12/post_131026.html
2019.12.04 文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役 Business Journal
一部引用:
 2019年11月12日、日産自動車は今期の営業利益の見通しを1500億円に下方修正することを発表しました。カルロス・ゴーン前会長が逮捕されたのが約1年前の2018年11月19日。それから新体制へと移行したはずが、前期の決算は振るわず、2019年9月には後継者だった西川広人社長が辞任。そして今回の下方修正と、日産をめぐるニュースは悪いものばかりという印象です。
 このような比較をすると「最初から悪意をもって数字を並べているのだろう?」と勘ぐられそうですが、今回の記事のテーマとしては重要なことなので、あえてリーマンショックが落ち着いて以降の日産の営業利益の数字を並べてみたいと思います。
【日産の連結営業利益の推移】
2011~16年度平均 6,043億円(ゴーンCEO)
2017年度 5,748億円(ゴーンCEO)
2018年度 3,182億円(西川CEO)
2019年度 1,500億円(予定、内田誠CEO)
 この数字をただ眺めると、ゴーンCEOが君臨していた時代は安定して毎年6,000億円規模の利益をあげていたところが、日本人経営者に経営権が戻ったとたんに低収益企業へと逆戻りしているように見えます。
 ゴーン氏の日本デビューは鮮烈でした。今からちょうど20年前の1999年10月にCOOとして大赤字だった日産に着任し、リバイバルプランとして3つの公約を掲げ、それをすべて達成します。
1.2000年度連結当期利益の黒字化
2.2002年度連結売上高営業利益率4.5%以上
3.2002年度末までに有利子負債を7000億円以下に削減
 どれも私たちコンサルタントの眼からは不可能に思えたチャレンジでしたが、着任1年半後の2000年度末に日産は営業黒字825億円をたたき出し、2002年度の利益率目標も達成。2兆1000億円あった有利子負債は4年で完済しました。
 直近の日産の連結売上高の水準は過去4年間、ほぼ11兆円強の状態にあります。その状況での営業利益率4.5%というと、営業利益5000億円あたりが日産リバイバルプランで設定した目標水準です。日本人社長に代わった昨年度も今年度予定の数字も、どちらもリバイバルプラン当時の目標を大きく割り込んでしまっています。そのため「結局、日産はゴーン氏がいなくなったことで、またダメ会社になっちゃうんじゃないの?」と思われてしまうわけです。
:引用ここまで


 日産の落ち込み方が半端ではありません。
 ゴーン氏が来る前も、労働組合の力が強すぎて衰退の兆候はありましたが、ゴーン氏の今さえ儲かれば良いと言うコストカッター経営が現在の業績悪化につながっています。
 車は便利な物、付加価値は高級に見えて快適であることです。
 価格は高ければ高いほど、豪華に高性能に作れますが、1000万円クラスの高級車を買うのはお金持ちだけです。
ゴーン氏のやったことは、売れる市場(米国や中東)で販促費を上乗せして大量に売り、部品などの下請けメーカーには数で買いたたき利益を本社に引っ張っただけです。
 この間の開発費も最低にして、基本シャーシの開発はせずに架装部品でマイナーチェンジを行う。
 カメラやセンサーのようなエレクトロニクスディバイスを追加してソフトウエア―による付加価値を上げて売る。
 これは、過去にアメリカのGMやクライスラーがやって、直近は儲かるが高性能なドイツ車や日本車に負けたのと同じことをやっています。
 日産の業績悪化は新しいシャーシ(高性能だけでなくコストダウンにもなる)に開発費を使ってこなかったので、安くて良い品物と言う面で他社に負けているからです。
 日産の日本での売り上げ台数は軽自動車も含め12%ほどしかないので力が入らないのは判りますが、目の肥えた日本人が良しとする車が世界で売れるのが今の世の中だと思います。
 日産車も過去に新車で3台乗ったことがあってなかなか良かったので電気自動車にも期待していたのですが。
 新型リーフは前のシャーシを流用してマイナーチェンジぐらいの内容でドアパネルも流用と言う手抜きです。
 旧型の欠点である電池の温度管理を行うシステムを追加してくると期待したのですが、残念な結果でした。
 温度管理システムが付いた60KWhリーフなら欲しかったのですが、新型リーフもコストカットの産物でしたので食種が動きませんでした。
 日産の社長がゴーン氏のままでも同じように経営悪化していたでしょう。
 自動車はハード(シャーシ)をケチった物は売れません。


 追記:来年は期待できそう
020年に日産の逆襲始まる!? 新型「ノート」で新型フィットとアクアに対抗も

2019.12.05 国沢光宏
https://kuruma-news.jp/post/204285?fbclid=IwAR0xehb_hwBRGY9HcCJJlaCC36pWmozo7xsijxtB7tMX32Pp0zQbz9RBo-Q
一部引用:
日産は、2020年に新型車を5モデル投入すると発表しました。新型電気自動車SUV「アリア」やコンパクトSUV「キックス」のほかに、コンパクトカーの「ノート」がフルモデルチェンジして新型モデルが登場するというのですが、ライバルとなるトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」を凌ぐクルマに生まれ変わるようです。ノートはどのように進化するのでしょうか。
:引用ここまで


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度    15℃
 温水器      34℃ 温度差19℃

 太陽光発電
 発電量11.5KW ピーク3.61KW

12月5日(木)
曇時々晴
最高気温(℃)[前日差] 11℃[-1]最低気温(℃)[前日差] 4℃[0]
降水確率(%)  0    0     0  10
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
12/06
8:30 日本 10月毎月勤労統計調査-現金給与総額(前年同月比)
8:30 日本 10月全世帯家計調査・消費支出(前年同月比)
16:00 ドイツ 10月鉱工業生産(前月比)
16:00 ドイツ 10月鉱工業生産(前年同月比)
16:45 フランス 10月貿易収支
16:45 フランス 10月経常収支
21:00 ブラジル 11月IBGE消費者物価指数(IPCA)(前月比)
22:00 ロシア 11月消費者物価指数(CPI)(前月比)
22:30 カナダ 11月新規雇用者数
22:30 カナダ 11月失業率
22:30 米国 11月非農業部門雇用者数変化(前月比)
22:30 米国 11月失業率
22:30 米国 11月平均時給(前月比)
22:30 米国 11月平均時給(前年同月比)
24:00 米国 10月卸売在庫(前月比)
24:00 米国 10月卸売売上高(前月比)
24:00 米国 12月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
29:00 米国 10月消費者信用残高(前月比)

2019年12月5日木曜日

日産「急速充電使い放題」を廃止

「急速充電使い放題」を廃止 日産、EV向けサポートプログラムを改定 「ZESP3」12月16日開始 
ユーザーからは「改悪だ」「いや予想できたことだ」といった声。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/03/news142.html
一部引用:
 日産自動車は12月3日、EV(電気自動車)ユーザー向け充電サポートプログラム「ゼロ・エミッションサポートプログラム(ZESP)」を改定すると発表。新たに2019年12月16日から「ゼロ・エミッションサポートプログラム3(ZESP3)」を展開します。
 ZESPは、同社のEV「リーフ」ユーザーに向け、日産の販売店や高速道路サービスエリア、コンビニ、商業施設などに設置された急速充電設備を利用するための充電サポートプログラム。現プログラム「ZESP2」は、月額2000円で日産販売店や高速道路サービスエリアの充電設備を「使い放題」としたプランが受け、同社によるとリーフ購入者の約9割がZESP2に加入していました。
 改定する新プランのZESP3は、この「使い放題プラン」を廃止し、新たな4つのプランを設定します。外出先での充電には都度料金が発生するものの基本料金を抑えた「シンプル」、急速充電の「上限回数」別に料金を設定した「プレミアム」の3プランです。急速充電10回までの「プレミアム10」は月額4000円(3年契約時で月額2500円)、同20回までの「プレミアム20」は月額6000円(3年契約時で月額4500円)、同40回までの「プレミアム40」は月額1万円(3年契約時で月額8500円)です。
:引用ここまで


 日産は電気自動車リーフの販売促進のために、EV(電気自動車)ユーザー向け充電サポートプログラムで「急速充電使い放題」を行ってきました。
 電気自動車の使われ方は本来「家で駐車中(深夜がメイン)に充電」が基本です。
 長距離の時に急速充電を行うくらいが、急速充電器の使い方だったのが、「急速充電使い放題」で安いから電気自動車みたいな売り方になっていました。
 急速充電器で採算を取ろうとしても、一回1500円とかにしないとダメで、ガソリンスタンドのような商用充電器の普及は出来ませんでしたから、公共施設と日産ディーラー頼みになります。
 公共施設は税金、日産ディーラーは周り廻って、日産車を購入するお客が赤字分の差額を負担していることになります。
 まあ、この値上げでも赤字には変わりがありませんが、正常な方向になって来たと思います。
 たぶんトヨタが電気自動車を販売しても「急速充電使い放題」はやらずに同じような課金システムになるのでしょうね。

MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   15℃
 温水器     32℃ 温度差17℃

 太陽光発電
 発電量13.9KW ピーク3.69KW

12月4日(水)
曇時々雨
最高気温(℃)[前日差] 12℃[0]最低気温(℃)[前日差] 4℃[-3]
降水確率(%)  40    20     50   40
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
12/05
8:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
8:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)
9:30 オーストラリア 10月小売売上高(前月比)
9:30 オーストラリア 10月貿易収支
15:15 インド インド中銀政策金利(レポレート)
16:00 ドイツ 10月製造業新規受注(前月比)
16:00 ドイツ 10月製造業新規受注(前年同月比)
18:00 南アフリカ 7-9月期四半期経常収支
19:00 ユーロ 10月小売売上高(前月比)
19:00 ユーロ 10月小売売上高(前年同月比)
19:00 ユーロ 7-9月期四半期域内総生産(GDP、確定値)(前期比)
19:00 ユーロ 7-9月期四半期域内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
21:30 米国 11月チャレンジャー人員削減数(前年比)
22:30 カナダ 10月貿易収支
22:30 米国 10月貿易収支
22:30 米国 前週分新規失業保険申請件数
22:30 米国 前週分失業保険継続受給者数
24:00 カナダ 11月Ivey購買部協会指数
24:00 米国 10月製造業新規受注(前月比)

2019年12月4日水曜日

北九州旅行まとめ


西海橋
全長316m、海面からの高さ43mのアーチ式の橋です。
なんといっても西海橋から見る日本三大急潮のひとつに数えられる。
白い橋は新西海橋です。





針尾送信所
太平洋戦争の時に使われた送信塔、高さ136m、塔の周囲38m、3本の間隔300m。
太平洋戦争開戦「ニイタカヤマノボレ一二〇八」を送ったとされています。



佐世保要塞「石原岳堡塁」
佐世保要塞は佐世保軍港の防備のため設置された大日本帝国陸軍の要塞。



【世界遺産】出津教会
1879年に潜伏キリシタンが多かった外海の出津・黒崎地区に赴任し生涯を外海に捧げたド・ロ神父が、風の強い斜面の台地に、1882年、私財を投じて建てた質実剛健な教会。




夕陽が丘そとめ
夕日がきれいと言うビュースポット
なぜかネコがすり寄ってきました。




ここで鷹の一種?大鷹に見えますが、九州ですから違いますよね。



 長崎の夜景


野母崎(軍艦島を望む)


眼鏡橋



南山手地区
(グラバー園や世界遺産に登録された大浦天主堂など各自散策)

東山手洋風住宅群
昔はこの住宅から、住んでいた商人が港を一望できて、船が入港するのを見て出かけたそうです。
現在は、マンションなどのビルが建ち見えなくなってしまいました。



グラバー園まで「グラバースカイロード」という斜行エレベーターで登ります。




グラバー園から港を眺める



平和公園
 原爆慰霊碑です。
 被ばく被災者のご冥福を祈ってきました。
 核兵器なんて要らない!



ハウステンボス
 イルミネーション目的に行ってきました。


 パトレイバーです。
 判る人の方が少ないのではないかと思います。






九十九島遊覧船(絶景クルージング)
 天気が良く、綺麗な景色です。



有田ポーセリンパークにて食事
 ここは美味しかったです。
 ドイツの都市ドレスデンの有名な宮殿「ツヴィンガー宮殿」の複製があります。



柳川
柳川下りはしないで、旧戸島家住宅を見学、福岡県柳川市にある江戸時代後期建築の侍屋敷見学。





カバ印のアイスキャンディーを見つけて食べました。
このお店、あとから調べましたら有名な所だった、アイスキャンディーは素材の味で美味しかったです。



太宰府天満宮



MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度    15℃
 温水器      27℃ 温度差12℃

 太陽光発電
 発電量10.0KW ピーク4.00KW

12月3日(火)
曇のち晴
最高気温(℃)[前日差] 12℃[-2]最低気温(℃)[前日差] 7℃[-2]
降水確率(%)  50    0     10  20
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

12/04
  ポーランド ポーランド中銀、政策金利
9:30 オーストラリア 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比)
9:30 オーストラリア 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)
10:45 中国 11月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
17:50 フランス 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:55 ドイツ 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:00 ユーロ 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:30 イギリス 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
21:00 米国 MBA住宅ローン申請指数(前週比)
22:15 米国 11月ADP雇用統計(前月比)
22:30 カナダ 7-9月期四半期労働生産性指数(前期比)
23:45 米国 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
23:45 米国 11月総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)
24:00 カナダ カナダ銀行 政策金利 
24:00 米国 11月ISM非製造業景況指数(総合)

2019年12月3日火曜日

温室効果ガス削減COP25の茶番

温室効果ガス削減 取り組み強化なるか COP25 あす開幕
2019年12月1日 18時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191201/k10012198071000.html

地球温暖化対策を話し合う国連の会議、COP25が2日、スペインで開幕します。温暖化の影響が指摘される熱波や洪水などの被害が世界各地で相次ぐ中、温室効果ガスの削減に向けて各国の取り組みの強化につなげることができるかが焦点となります。
COP25は当初、チリのサンティアゴで行われる予定でしたがチリ政府がデモや暴動などによる混乱を受けて開催を断念したため急きょ、開催場所が変更となり日本時間の2日午後スペインの首都マドリードで開幕します。
会議では、発展途上国を含むすべての国に温室効果ガスの削減に取り組むことを定めた国際的な枠組み、「パリ協定」が来年から始まるのを前に、実施に必要なルールで協議が続いている一部について合意を目指すことになります。
ことしは、ヨーロッパを記録的な熱波が襲い各地で最高気温を更新したのをはじめ、世界的に干ばつや集中豪雨など温暖化の影響が指摘される被害が相次いでいます。
その一方で、開幕に先立ち世界全体の温室効果ガスの排出量は増え続けていることが明らかになったほか、世界第2位の温室効果ガスの排出国アメリカが、来年にはパリ協定から正式に離脱することも決まりました。
今後、対策が十分に進まない懸念もある中、温室効果ガスの大幅な削減に向けて各国の取り組みの強化につなげることができるかが焦点となります。
また、今回の会議には温暖化対策を求める若者の運動を世界的に広げたスウェーデンの16歳の活動家グレタ・トゥーンベリさんも参加する予定でその言動も注目されます。




 石化燃料の利用によるCO2の排出などの人為が気候変動に影響すると言う説は現在の研究でも関連性が不明です。
 なので影響しないと言うことも確認できていません。
 しかし、巨額をかけてCO2を減らす地球温暖化対策を話し合う国連の会議が行われます。
 地球温暖化対策の起源を探してみますと、最初の意図は先進国のエゴで先進国利権(覇権)を続けるため「新興諸国の2酸化炭素排出を制限する」策だったが、それを左派(米民主党など)の多極側が「先進国の2酸化炭素排出を制限する」策に転換してしまい、現在に至ります。

 今の地球温暖化対策会議の中心は中国で、中国の都合の良いように進められています。
 温暖化対策の為に作られた国連の「緑の気候基金」。
 国連の温暖化対策の中心である緑の気候基金は「CO2の排出を減らす事業」に投融資すると言う、高尚な基金のはずなのですが、中国では今までより省エネな石炭火力発電所の建設を対象事業になっていたり、ちょっとした「省エネ」の要素を含むインフラ整備などの事業のほとんどが「緑の気候基金」の投融資の対象になる。
 中国が、国連をバックに先進諸国に圧力をかけて巨額資金を出させ、一帯一路など中国の世界戦略にプラスになる形で途上諸国のインフラ事業などへの投融資に使うのが「緑の気候基金」の正体です。
 離脱する米国のトランプ大統領は「先進国から途上国に資金を渡すだけの馬鹿げた計画だ」と言って、この基金への参加しない。
 ここでも米国と中国の覇権を争う経済戦争の縮図があります。
 日本政府はバラマキ(土下座)外交なので、日本の産業の国益を顧みず聞こえの良いことばかり言っているので、無理難題を押し付けられ、お金をむしり取れるバカな国と思われています。
 米国の国益を強硬に進めるトランプ大統領がまともな為政者に見えてしまいます。


緑の気候基金(Green Climate Fund: GCF)
https://www.conservation.org/japan/initiatives/climate-change/green-climate-fund
緑の気候基金(Green Climate Fund: GCF)は、途上国における気候変動対策を支援する国際的な基金です。現在の資金規模は103億ドル(うち、日本からの拠出は15億ドル)で、2015年からプロジェクトへの支援を行っています。同基金は、パラダイムシフトを起こすような革新的なプロジェクトへの支援を志向しています。

 地球温暖化対策会議はマスコミで「地球温暖化!大変」と騒ぐばかりで、本来は茶番劇だと認識している人は少ない。


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度   15℃
 温水器     17℃ 温度差2℃

 太陽光発電
 発電量2.0KW ピーク0.94KW

12月2日(月)
曇時々雨
最高気温(℃)[前日差] 16℃[0]最低気温(℃)[前日差] 9℃[+5]
降水確率(%)  50    70     70   40
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
 
12/03
8:50 日本 11月マネタリーベース(前年同月比)
9:01 イギリス 11月英小売連合(BRC)小売売上高調査(前年同月比)
9:30 オーストラリア 7-9月期経常収支
12:30 オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
16:00 トルコ 11月消費者物価指数(CPI)(前月比)
16:00 トルコ 11月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
16:30 スイス 11月消費者物価指数(CPI)(前月比)
16:45 フランス 10月財政収支
18:30 南アフリカ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)
18:30 南アフリカ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)
18:30 イギリス 11月建設業購買担当者景気指数(PMI)
19:00 ユーロ 10月卸売物価指数(PPI)(前月比)
19:00 ユーロ 10月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)
20:00 ブラジル 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比)
20:00 ブラジル 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)

2019年12月2日月曜日

スマートフォン「ながら運転」厳罰化、自転車も取り締まってほしい

「ながら運転」厳罰化 反則金引き上げ、懲役刑も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000001-kyodonews-soci
12/1(日) 0:00配信
 スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道交法が1日、施行された。ドライバーがスマホを操作しながら運転した車による死亡事故が相次ぎ、遺族らが罰則強化を求めていた。
 改正法では、運転中の携帯電話での通話や、画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の点数をこれまでの1点から3点に、通話や注視により交通の危険を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」を2点から6点にした。
 「保持」の反則金は「大型車」は7千円から2万5千円に、「普通車」は6千円から1万8千円。


 「ながら運転」車は加害者になりますので、厳罰化は良いことです。
 取り締まりの警察は手に持っているだけでも、捕まえようとするかもなので、気を付けましょう。
 しかし、自転車での「ながら運転」も取り締まってほしいです。
 危ないと思って止まった所にぶつかってくるとか、ヘッドフォン使っていて、ベル鳴らしても気が付かない人も多いので、困ったものです。
 


MMC太陽熱温水器
http://item.rakuten.co.jp/mmcsolar/c/0000000110/ 

 入水温度    15℃
 温水器      37℃ 温度差22℃

 太陽光発電
 発電量12.6KW ピーク3.00KW

12月1日(日)
曇り
最高気温(℃)[前日差] 16℃[+4]最低気温(℃)[前日差] 4℃[0]
降水確率(%)  0    0     0  10
時間帯(時) 0-6 6-12 12-18 18-24

12/02
8:50 日本 7-9月期四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額(前年同期比)
9:30 オーストラリア 10月住宅建設許可件数 (前月比)
9:30 オーストラリア 10月住宅建設許可件数 (前年同月比)
10:45 中国 11月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)
16:00 トルコ 11月製造業購買担当者景気指数(PMI)
16:00 トルコ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前年比)
16:30 スイス 10月実質小売売上高(前年同月比)
17:30 スイス 11月SVME購買部協会景気指数
17:50 フランス 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:55 ドイツ 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:00 ユーロ 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
18:30 イギリス 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
23:00 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
23:45 米国 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
24:00 米国 11月ISM製造業景況指数
24:00 米国 10月建設支出(前月比)
26:00 ブラジル 11月貿易収支

2019年12月1日日曜日

九州旅行3日目帰宅移動中です

ただいま、移動中です。

九十九島、お昼ごはん、大宰府天満宮






まだ移動中、休憩中にアップ。